スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

冬スイッチ

手描きシャツの仕事を店の営業時間で、家ではフェルトを内職するという日々がやっと一段落つきました。(本当はまだまだフェルトの仕事、残ってます・・・・)昨日、発送を終えた後空気が抜けた風船みたいになってました。空気が抜けた風船といえば、近くの生協のクリスマスの飾り付けで、階段のところにサンタのバルーン飾りがあったのですが、そのサンタは空気が半分ほど抜けててやる気がない感じになってました。

本当にご注文いただいたお客様を待たせてしまって申し訳ないのですが、どんどんつくりますので、待っててやってください。昨日発送したのはこのかたです。
randy1.jpg


この方、ランディさんと言います。デブ猫(ひどいいい方ですみません。でもわたし、猫の太ったの好きなんですよね)は初めて作りますが、なかなか難航しました。羊毛を刺しても刺しても、太らないんですよ。そこにかなり時間をかけました。
randy2.jpg

針金が芯にはいっているので、手足は自在に動かせます。首にも入っているのですが、首周りに肉をつけすぎて、動かなくなってしまった・・・・・・
この写真は、猫ってよく、人の作業しているところにやってくるよね、的なポーズをとらせたかったもので。
randy3.jpg

猫のフェルトにはちょっとしたこだわりがあります。最近、ガラスの目を入れる人が増えてきましたが、猫の目は表情があるので、あえてフェルトで表現する事にしています。義眼みたいにリアルにつくれないのなら、こっちのほうが生きている感じになるかな、と思う訳です。目が真っ黒なわんこなどには、ガラスや天然石のビーズを入れたりするんですけどね。

最後の写真は、モデルのランディさんです。目力ありまくりの方ですが、実際は大変おとなしい方だったようで、白いフリフリのワンピースで女装させられた写真がありました(大層かわいいのですが、彼の名誉のために私の心の中にしまっておきます)
ランディさん「それはいいけど、デブって言うな」
img049.jpg

ランディさん、残念ながら虹の橋を渡ってしまった方なのですけど、かわりにうちの羊毛ランディさんがかわいがってもらえるといいな、と思います。

スポンサーサイト

2008.12.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | フェルト

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

いらっしゃいませ

プロフィール

Artists

Author:Artists
おかまいもしませんで
商品についてのお問い合わせ、ご連絡は
motomachiartists☆yahoo.co.jp
(☆を@に替えてくださいね)
ついったーはじめました。ふぉろーみー
http://twitter.com/alchmistonpuku

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。