スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

古墳へGO

関西にきてまずおどろいたのが、遺跡どころか古墳がそのまま、しかもたくさんあることでした。関空から飛び立った飛行機からこんなものが見えたときの驚き。RIMG0985.jpg

こんなカジュアルにあるもんなのか!と思いました。夫の実家にゆくときも、何個か古墳の横を通り過ぎてゆくのです。小高い丘と思ったら大体古墳、そんなところがあるなんて。
しかし、この飛行機から撮影した大仙陵古墳にはなかなかいけていなかったのですが、通っているジムの支店が最近この堺市にできたということで、ジムに行くついでに連れて行ってもらえました。
この大仙陵古墳の周りには大小40もの古墳が集まってる古墳ファンにはたまらないエリアで、堺市の博物館もその古墳群のなかにありました。
P1040720_convert_20140715111819.jpg
撮影場所は、上の写真の、鍵穴みたいに見える下の部分の、白い場所です。
古墳、大体は中に入れないので、古墳自体の写真はこれだけです、すみません・・・でか過ぎてなにがなんだかさっぱりわからないというのが、古墳の感想でした。で、手っ取り早く古墳のことを知るために博物館に行くと・・・ なんかどっかで見たような人がいるぞ。
P1040721_convert_20140715111839.jpg

サカイタケル君・・・・・・・奈良で見たあの人にすごい似てるんですけど・・・・・同じデザイナーさんなのか・・・っていうかこれ、ご当地キティちゃんみたい・・・・衣装を変えただけじゃないか・・・・デザインと言うものに思いを馳せながら物凄い立派な博物館に入ります。入るといきなり博物館のスタッフの方がわらわらと出迎えてくれました。入館料が200円!安い!入ってすぐのとこにあるスタッフ激推しのシアターでぐりんぐりん動く映像の古墳について学んだ後、展示室へ。この辺の写真がなくて申し訳ないですが、古墳時代やその後の堺市の繁栄ぶりが伺える素晴らしい資料がたくさんありました。貿易によってもたらされた素晴らしい宋胡禄や安南の焼き物などが発掘されたそうで、まさに宝の山・・・・!
鉄砲も作ってたみたいで、一番すごいと思ったのは、大阪城を陥落させたと言うバズーカみたいな火縄銃です。「もののけ姫」に出てきた「神殺し」の火縄銃みたい(もっとでかいです。全体の長さが三メートルはあった)

正直、堺市のイメージったら、団地に続く団地、その間に見える大きな送電線の鉄塔だったんですが、昔はこんなにも栄えていたのだなあと驚きました。千利休もここ出身ですしね。彼が生きてた頃はオシャレカフェタウンだったのですね(なんか微妙に失礼な言い方になりました、すみません)博物館には茶室と庭園もあり、雨の降る中うつくしい庭園を抜けて茶室に入りました。
P1040722_convert_20140715111857.jpg
P1040727_convert_20140715111916.jpg


あまりにもさっとお茶がでてきたので、どこからか見られてたんじゃないかとドキドキしました。お菓子は、交易につかわれていた朱印を象った和三盆です。お茶が美味しくて、人生で初めて利休に感謝しました。(それまで、茶会には招いていただいたり、抹茶うめー!と思ったことはあっても利休のことなんか考えたことなかった!)しかし、利休はいまの大阪や堺を見たらどう思うんでしょうね。あべのハルカスとか、感想を求めてみたい所です(いつ見ても建物の薄さに不安を覚えるのです)

堺市、スクーターなどのナンバープレートが古墳の形になっているのがとても可愛かった。窓を開けたら古墳が見える堺市、(住宅街のすぐ後ろにあったりする)なんかすごく素敵じゃありませんか?

おまけ この日記のタイトルになってるレキシの「古墳へGO」です。大好き。

スポンサーサイト

2014.07.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

いらっしゃいませ

プロフィール

Artists

Author:Artists
おかまいもしませんで
商品についてのお問い合わせ、ご連絡は
motomachiartists☆yahoo.co.jp
(☆を@に替えてくださいね)
ついったーはじめました。ふぉろーみー
http://twitter.com/alchmistonpuku

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。