スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ときめきはいつまでも

先日また京都にいってきまして いやあ、函館で京の都に憧れていた時を思えば隔世の感がありますね。あの頃の未来に僕らは立っているのかなあ ですよ。人生は何が起こるか解らぬものです。
他の地域の方に説明致しますと、函館から京都に行きたいなーと思うとですね、日帰りはかなり厳しく、今だと伊丹空港に発着する便が一便ありますが、それだと、京都にいくどころか空港から出ることなく帰りの便に乗らないと日帰りできず、かといって関西空港から京都にいくとなると、特急でも最短一時間弱かかります。実質京都に何時間滞在できる?みたいな感じ。まる一日観光したいと思ったら、三日ほど見積もらなければならないのが函館からの京都観光でした・・・

で、何で行ってきたのかっていうとですね、私の憧れの人、メレ山メレ子さんが、「ときめき昆虫学」という本を上梓しまして、その本の出版記念イベントに参加してきた訳なのです。場所は京都の恵文社という素敵すぎる本屋さん。
P1040047_convert_20140523113617.jpg
私が一番好きな蝶、アサギマダラのはんこを顔に捺したメレ子さん(この方本当にかわいいです)


この本、虫嫌いの人にこそ読んでいただきたいと思う本ですね。こないだの菊池誠先生の本は、物理が嫌いな人に読んでもらいたい本でした。なんだか、苦手なものを魅力的に感じさせてしまうような筆力ある文章の本に次々恵まれて、今年はいい本にあたったなーと思っています。そしてふと、そんな方達と知り合えることが出来た幸運にも、あらためてびっくりしています。

私だってあんまり虫が得意な訳じゃないんですよ。(意外に思われる方もおられるかもしれませんが)興味はあるので、観察したり、覚悟を決めておそるおそる触る分にはいいんですが、顔面に手のひら大の蛾がぶつかってきたり、死んでると思った足元の蝉が鼠花火みたいに大暴れしたら死ぬほどビビります。あと、どうがんばっても、カマドウマだけは克服できません。ムリです。
まあそれはともかく、未知なる世界に瑞々しい気持ちで対峙し、ウィットに富んだ文章で虫の世界を紹介してくれるので、きらいなひとでも、次にその虫をもし見かけたら、なんかちょっとした知り合いに会ったような気分になれるようなそんな本でした。よかったら、是非読んでみてください。文章がすごくいいのです。

今回のトークイベント、シークレットゲストに、モーリタニアから帰ってきたバッタ博士が登場しました。前回、昆虫大学で初めてお会いしたときは自費で研究という辛ーい立場だったところから、今では京都大学の白眉センターで助教となり、研究のバックアップ体制も整って、「努力は報われる」っていう文字を人間にしたらバッタ博士になるんじゃないかと思いました。ほんとよかったねえ、と、親戚のおばちゃんみたいな気持ちで彼を見ておりました。(何でかそういう気持ちにさせられる人なんです)

「白眉研究者」として認められるため、面接のときに眉を白く塗ったりなどの無駄な一工夫をするなどの一面も健在で、えらくなったからってえらそうにしない所が彼のいい所です。
(ちなみに、眉を白く塗ったのは、面接の教授方にはまったくスルーされたらしいですけどね!)
イベント終了後、お客様のなかに、蝶の翅でアクセサリーを作ってる方がお見えになってて、その方がお土産に蝶の翅をラミネート加工したものをくださいました。 憧れの「スカシジャノメ」がうっかり手に入ってわたくし大興奮であります。翅が透明な蝶なんですよ!そして調子に乗り、ちゃっかり打ち上げに参加した私、楽しさのあまり時間を忘れ、終電に駆け込んだのがその日一番動悸が高まる時間でしたことをここに申し添えておきます。日帰りできるからって調子に乗りすぎました。危なかった!
P1040564_convert_20140523113722.jpg
P1040563_convert_20140523113655.jpg

スポンサーサイト

2014.05.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 書評みたいなもの

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

いらっしゃいませ

プロフィール

Artists

Author:Artists
おかまいもしませんで
商品についてのお問い合わせ、ご連絡は
motomachiartists☆yahoo.co.jp
(☆を@に替えてくださいね)
ついったーはじめました。ふぉろーみー
http://twitter.com/alchmistonpuku

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。