スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

不思議の国のうどん県

一日目、散々食べたのに6時頃起きたらもう腹が減っていて、我ながら驚きました。どうなってんだ。ブラックホールか私の胃袋は。というわけで、朝からうどん屋さん 「中西」につれていっていただきました。朝五時半から営業しておられるとか、うどんの愛され方が半端ないことをひしひしと感じます。
ここはセルフうどん。はじめてなんでおたおたしましたP1010081_convert_20130404113738.jpg
P1010082_convert_20130404113837.jpg
しかし、麺をすすってると出汁のうまみがどんどん五臓六腑に染み渡り、じわじわと幸せな気分に
個人的な感覚なんですけど、すごい美味しいものたべると、エンドルフィンが出てるような気がするんですよね、なんかこう、後頭部からシアワセが(面倒くさい展開になってきたので略)
ぼんやりしたまま、なぜか長い長い長いエスカレーターをのぼり、怪し気な門をくぐると そこはタイの遺跡だった・・
P1010086.jpg
P1010090.jpg
P1010093_convert_20130404114131.jpg


なんだここは・・・P1010091_convert_20130404115044.jpg
P1010094_convert_20130404115119.jpg
P1010097.jpg
わたしはどこへきてしまったんだ・・・・・うどんが見せている幻覚なのか・・・?
P1010103_convert_20130404120017.jpg
P1010102_convert_20130404122309.jpg


というわけではなく、ここはnewレオマワールドという、バブル期に建てられたリゾートホテルで、宿泊客でないひとにも無料で解放しているアジアの有名な建物のレプリカが並んでいるところです。日本一長いエスカレーターや、アジア各地の建物が並ぶ、不思議な場所でした。客が入って行けないエリアにも、かつては解放していたらしき派手な建物が見え、そこからは大小さまざまな犬の声や、よくわからない獣の咆哮が聞こえてきて、とにかく「トリップ」したみたいな気分を味わえます。いわゆるバブル遺跡ってやつですね。一度潰れてからちゃんと復活して、ホテルと遊園地も営業しています。オランダを模したコテージが入ったところにあって、そこに船で行くとかすごいことになっていました。
ここはきれいなほうですが、日本各地にこういう妙な場所はたくさんあり、ここまで綺麗に(というか現在施設として使われている)使用されているとこは少ないだろうな・・・函館の方にも、恵山にモンテローザというあやしさ大爆発の施設があり、凱旋門をくぐると金ぴか(FRPでできてます)大仏の涅槃像が横たわってたカオス施設がありました・・・今はもうないけど・・・

そして、またうどん。今度は山内うどん店。ここはけっこう田舎にあるのですが、県外ナンバーの車が沢山停まっていました。そばってはじめるもんなんだ・・と張り紙を見て思ったり。
P1010105_convert_20130404120046.jpg
P1010106_convert_20130404120122.jpg

ここのうどんがいちばん美味しかったのですが、あまりにおいしかったためうっかり写真を撮るのも忘れて貪り食ってしまったため写真がありません。麺にエッジがたってて、こしのあるうどんと香るだし。脳内麻薬全開です。
(書いてておなかがすいてくるほど)
そのあと、満濃池に向かいました。池といっても、行基が作った日本最古のダムだと思います。行基すごい。坊さんというよりはむしろ土木建築の開祖。
P1010115_convert_20130404120633.jpg
P1010123_convert_20130404120724_20130404121655.jpg
暗く口を開けているのは、溢れないように水を流すトンネルです。上をおっかなびっくり歩いていたら、おじさんに「そこのトンネル通ればあっという間に下だよ」と言われました。通ったら下界通り越して地獄へまっしぐらだよ
満濃池から続く小川のほとりにヤギが繋がれてました。色合いからうっかり鹿だとおもったらヤギ。なぜか革靴や革のベルトに関心を示すヤギ。やめろ・・・これヤギの皮つかってんだぞ・・
P1010109_convert_20130404120525.jpg
P1010113_convert_20130404120605.jpg
P1010107_convert_20130404120449.jpg
花を食べようと立ち上がるヤギ。ヤギ2.0(死語)

でもってまたさらにうどん。さか枝さんというところです。入ると、職人の方がうどんを打っており、カメラ向けたらポーズとってくれました。慌てて撮ったのであんまりうつりがよくなかった、ごめんなさい、せっかくかっこ良かったのに。P1010125_convert_20130404123636.jpg
ここでわたしは釜揚げ明太バターを注文。いいのかわたし、昨日から野菜ほとんど摂取していない・・明太子とバターとうどん、それはもう約束されたうまさ。そして、ここで衝撃の付け合わせ、「甘納豆の天ぷら(かき揚げ状)」を発見しました。お盆を持ってるし並んでいるときなので写真は諦めたけど、あまり見たことのない天ぷらが多い。温泉卵の天ぷらとか、お好み焼きを模したてんぷらとか。そして、圧倒的に野菜の天ぷらが少ない・・(あっても、かぼちゃとサツマイモ)おい、この県大丈夫か(血糖値において)と思ったら、糖尿病率が高いのだそうです。こんな誘惑にさらされてたら仕方がないよねえ・・・うどんラッピングバスも走ってましたが、うどんゆるキャラに「野菜も一緒にね!」と台詞を言わせていたのが印象的でした。しかし香川県の人はうどんを食べるスピードが半端ない。まるで飲み物です。飲み物と、野菜って一緒にとりにくいね・・

P1010126_convert_20130404121047.jpg
写真を撮るのと、セルフで盛りつけが下手なためにあんまり美味しそうじゃないうどん画像ですみませんね。いやむしろこの幸せがあんまり伝わらない方がみなさん悔しがらないから良いか(悪)

うどん屋さんはスピードが命。ゆっくり座っている場所じゃないということで、「たから」というお菓子屋さんへ。(もうおなかはほとんど一杯なんですが)それでも、デザートに苺大福をいただきました。ああ、フォトジェニック。P1010128_convert_20130404120850.jpg
あまりうつくしいのでこんなことをする悪趣味なわたし(そしてその後食べにくさに往生する。自業自得)
P1010129_convert_20130404120913.jpg

もうギブアップとおもったのですが、せっかく来たのだからと最後の店、「しんせい」に行きました。さすがにたべられなかったので、今回のうどん遍路発足人のゆうくぼさんと途中から合流されたゆりさんがうどんを食べました。
このうどんはオープンカフェみたいなところで食べられます。日の光を浴びて輝く麺。P1010133_convert_20130404121211.jpg
肉うどん。(ああまた炭水化物とタンパク質・・・
P1010131_convert_20130404121009.jpg
いつでもすりたてのごまが食べられるように作られた「スリッキー」
P1010136_convert_20130404121243.jpg

店の前に、小さなたこを丸ごと天ぷらにした写真があったので、それを頼んだらこんな姿でちょっと残念。でも、味はすばらしい。甘辛く煮たたこをさらに天ぷらに(カロリーのことは考えないで)
春の日差しは暖かく、菜の花で縁取られた薬味のネギ畑の向こうに屋島がかすんで見え、食べ過ぎてぼんやりしたまま、家路につきました。ああ、うどん遍路、煩悩を満たす旅でした。香川県、たまにあそびにいくならいいですが、もし住んだらまちがいなくうどん依存症となってしまうことでしょう・・・

P1010132_convert_20130404121134.jpg
RIMG1653_convert_20130404121318.jpg
多分四国限定であろう、愛媛のまじめな野菜ミックスジュース。

この旅を計画してくださったゆうくぼさんcloud9science
香川県の魅力をくまなくご紹介くださったがんじろうさん、旅を楽しくしてくださったなおこりんさんとゆりさん、
一日目、車を出してくださったとよしまさんまんのうをたがやす百姓のブログありがとうございました。
良い思い出ができました。

スポンサーサイト

2013.04.05 | | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

コメント

粉喰いには西はたまりませんねー

うどん、四国はほんとにおいしーですよねー
屋島、といえば、石の博物館というところへいったことがあります。
鍛冶の人形がなんとなく知ってる人に見えて、前世でわたし、石を切り出していた? と、親近感をかんじました。
いいなぁ。
菜の花の季節、島。おいしいもの。
しあわせなじかん、つたわりましたー
いこうかな、旅。

2013-04-07 日 16:38:41 | URL | まゆみ #- [ 編集]

Re: 粉喰いには西はたまりませんねー

> うどん、四国はほんとにおいしーですよねー
本当に美味しかったです・・・いま、瀬戸内国際芸術祭っていうのをやっているので、旅はおすすめです

2013-04-10 水 12:40:16 | URL | Artists #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

いらっしゃいませ

プロフィール

Artists

Author:Artists
おかまいもしませんで
商品についてのお問い合わせ、ご連絡は
motomachiartists☆yahoo.co.jp
(☆を@に替えてくださいね)
ついったーはじめました。ふぉろーみー
http://twitter.com/alchmistonpuku

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。