スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

笑顔

今、五稜郭タワーアトリウムにて、昨年アフガニスタンで命を落とされた伊藤和也さんの、写真展が行われております。写真展のお知らせ

それを見るべく、今朝五稜郭公園を歩いて見に行きました。濠端の住まい とまではいきませんが、公園近くに住んでいるので便利です。公園に入るなり、向こうから散歩の黒柴みたいな模様のチワワを連れたお嬢さんと会いました。チワワ、私と目が合うといきなり口角をきゅっとあげてとてもいい笑顔。実はあんまり小さすぎる犬は好きじゃない とか言っているわたしなのですが、その笑顔にはすっかり打ち抜かれました。かわいいですね、と言うと、立ち上がってご挨拶。いやあかわいい。お嬢さんもにっこり笑って二人ともかわいかったです。幸先がいいなあ、と思いながら歩いていると、濠に向けて携帯で何かを撮影しているおじさんがいました。何だろうと思ったら、濠に済むミシシッピアカミミガメが、産卵をしようと穴を掘っているところでした。初めて見るのでびっくり。というか、堀のこの石垣を登って来たのか君は。すごいなあ。
おじさんは亀を心配して、烏に卵がとられやしないか見守ってあげていました。もしかすると、亀がお礼に竜宮城に連れていってくれるかもしれません。ただ、五稜郭の竜宮城だと、鯛やヒラメの舞い踊り、じゃなくて、ブルーギルやナマズの舞い踊りと、なんか見るからに泥臭いものになりそうですが。乙姫様が旧幕府軍の人だったりしそうでちょっといやです。

さて、写真展ですが、亡くなった伊藤さんの撮った写真はとても素晴らしかった。写真の技術とかじゃなくて、被写体になった子たちと心が通っていたのか、子供の笑顔がとても綺麗で、胸が痛くなりました。試験農場の葡萄を盗んで見つかったのに、誇らしげに葡萄を掲げる女の子、農作業を手伝う男の子、みんなみんなとてもいい笑顔です。私は小さい頃から写真が苦手で、こんないい顔で写った事がありません。
こんなに素敵な関係を築けていたのに、見えない悪意が彼の命を奪いました。政治の事はあまり良く解らないので、このブログに何かを書く事はあまりしたくないですが、自分たちを先進国とおもっている人たちのルールを無理矢理押し付けたひずみがどこかに出て、それが彼の命を奪ったのじゃないかと思ってしまいます。
なにはともあれ、アフガニスタンに緑が戻りつつあるのは、彼らの血のにじむ(まさに血を流しながらの)努力の賜物です。何の利益も無いのですが。 彼らの笑顔のために必死で頑張るペシャワール会のみなさんを、私は心から尊敬しています。

帰り道、亀を見てみたらもう産卵は終わって、土をかけてるところでした。濠の中には今年もまたカルガモの赤ちゃんたちがお母さんの後をついて睡蓮の花の中を歩いています。
karukan09.jpg

カルガモ親子を見つめる子供もいい笑顔でした。今日はたくさんいい笑顔を見られて、幸せな気分です。
伊藤さんの写真展は、15日まで開催されています。無料でご覧になれます。子供の笑顔に会いに是非いらしてください。

スポンサーサイト

2009.07.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | イベント

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

いらっしゃいませ

プロフィール

Artists

Author:Artists
おかまいもしませんで
商品についてのお問い合わせ、ご連絡は
motomachiartists☆yahoo.co.jp
(☆を@に替えてくださいね)
ついったーはじめました。ふぉろーみー
http://twitter.com/alchmistonpuku

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。