スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

トプカプ宮殿の思い出

午前中にスルタンアフメットジャーミィから地下宮殿まで回り、脳の容量がオーバーしていると思いながらも、午後はトプカプ宮殿に繰り出しました。よく考えたら「宮殿」って入るの生まれて初めてだわ〜 えらくなくても、招かれてなくても、お金さえちょっとはらえば宮殿に入れるなんて今はいい時代だなー

IMGP0460_convert_20130627200218.jpg

また早速猫に接待されてしまいます。ふわふわの白黒が丁寧にご挨拶。なんというホスピタリティに溢れた国なのでしょうか・・・(遠巻きにうつってる地元の人にうすら笑われてる気がするけど気にしない。そして猫は舌を出しっぱなし。)
IMGP0456_convert_20130627200111.jpg

入ると、あり得ないほどでかいプラタナス(日本のとはちょっと違いそうですが)がどかんどかんと生えています。
幹にはでかい洞ができていて、観光客が入っては写真を撮るという光景があちこちで散見されました。
P1010849_convert_20130627201903.jpg
起きて半畳寝て一畳、なんだかここで暮らせてしまいそうです


【“トプカプ宮殿の思い出”の続きを読む】
スポンサーサイト

2013.06.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

イスタンブールでの再会

翌日は礼拝を呼びかける声で目を覚ましました。祈りの音って、どこで聞いても良い物ですね。店で仕事をしていたとき、ハリストス正教会の鐘の音がきこえてきたことを思い出しながら夜明けを迎えます。
初日のディナーを逃してしもうた!と後悔しつつ朝ごはんをホテルで食べたんですが、まあこれがおいしかった!Merih2ホテルはおばちゃんが丁寧に作った料理が並び、ずいぶんと美味しかったことを申し添えておきます。
定番はパン、チーズ(二種類)ハム、きゅうりとトマトとオリーブ(あとは甘いもの)なんですが、ここは朝からシガラ・ボレイ(白チーズを巻いた春巻きみたいなの)とか、何かしら美味しい手作り物がでてました。基本のだけでも、パンもチーズもトマトもオリーブも、全部すごく美味しいのです。何が違うんだろう。パンはもう、パン屋に就職して修行積みたくなるくらいうまかった。普通のレベルが高過ぎる。
P1010721_convert_20130621102101.jpg

支度を住ませていざ出撃!今日はスルタンアフメットジャーミィ(ブルーモスク)とアヤソフィアを探検。観光客丸出しな写真で申し訳ないんですが、載せずにいられようかこの美しさ。
P1010724_convert_20130621102147.jpg

庭も美しく・・・と思ったらそこかしこに猫。トルコ国旗を模した植え込み(星の真ん中)でトイレタイムな猫。中庭にも猫。(猫嫌いな方には申し訳ありませんが、この旅行記には猫が必ずでてきます)触れ合ってわかったことは、オス猫はあまり触らせてくれず、べたべたできるのはほとんど女子猫でした。男は度胸、女は愛嬌といったところでしょうか。P1010727_convert_20130621102736.jpg
P1010726_convert_20130621102644.jpg
P1010730_convert_20130621102443.jpg


【“イスタンブールでの再会”の続きを読む】

2013.06.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

トルコ旅行記 猫に会いに行く 

すっかり旅行ブログと化している気がする今日この頃です。どこに着地するのかまったくわかりません。さて、先日トルコに行ってきました。猫だらけの素敵な国です
函館でやってたお店のちかくに、パザールバザールトルコ喫茶Pazar Bazarさんという美味しいトルコ料理を出すお店がありまして、とにかくご飯がおいしいのです。ここはひとつ、本場の料理もおいしいのか確かめてみたかったってのもあります。
そして、森ガールこと「みやまちゃん」でつとに有名になったアサイさん 紺色のひとが素敵な旅行記を書いていたのに触発され、よっこらしょと出かけてきました。デモが行われているというきな臭いニュースもありましたが、なんとかなるでしょう。

飛行機はドバイを経由するエミレーツ航空。機内食って絶対写真に写したくなりますよね。ここはイスラム圏なので、ご飯はすべて「ハラルフード」というイスラム法に従った加工の物が出てます。
P1010684_convert_20130620122559.jpg

11時間、ずっと夜の帳の中を飛び続け、地上に夜景が不可思議な模様を描くSF世界のようなドバイに到着。おそろしくでかい。大層立派な建物なんですが、よーく見ると雑な作りで、時刻を示す時計もロレックスなのに止まってたりと微妙に雑。瀧のような巨大な噴水。
IMGP0282_convert_20130620122726.jpg

なぜか室内に鳥の糞が・・・と思ったら天井から鳥の声。どうやら住み着いちまってるのがいるようです。(二羽いました)トランジットの時間が長いのですが、早朝過ぎて開いてる店もなかろうと、空港の中でだらだらしました。前もって予約しておけばマルハバラウンジというラウンジをを使えるようです。疲れた方はぜひ。

日本人があまりいないので、人間観察がやたらたのしかった。ドバイのM&Mズ君。妙に金持ち臭いかんじがいらつく。
P1010689_convert_20130620122821.jpg


【“トルコ旅行記 猫に会いに行く ”の続きを読む】

2013.06.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 頓散歩

豆腐屋再襲撃

西日本は梅雨入りという宣言が出ました

梅雨、どんなんかわからないのでドキドキしています。
ところで、最近やたら参考にしまくっているデイリーポータルでまたもや気になる記事が。

奈良の豆腐屋さんの試食がすごい
豆腐好きとしては、いても立ってもいられず早速行って参りました。まず最初に訪れたのは、記事とは逆になりますが、御所(ごせと読みます)市にある「梅本豆腐店」。看板が出てるところに15台くらい入れそうな駐車場があったので、安心しました。
路地を入って行くと、こんなお店が。
P1010611_convert_20130601154029.jpg

いろんな意味でカオスな店内です。上からは吊るし雛やら折り紙やら空き缶で作った風車やらが吊るしてあり、壁という壁には訪れた芸能人の写真とサインだらけです。北海道の人におなじみの、「おにぎりあたためますか?」メンバーの写真もありました。取材に来てたんですね。あと、自分を捜しに旅に出たサッカーのナカータ選手の写真もありました。店員のおばちゃん、「あの子は豆腐が大好きなの」とおっしゃってました。かわいがられてるなあ。そして自分は見つかったのでしょうか(別にどうでもいいけど)
店内は大音量で演歌がかかっています。そして至る所に様々な時代の骨董品(なぜか電話の子機とかまであった)がところせましと飾られていて、なんかすごくカオス!これぞ豆腐パラダイス!
でかいかつをぶしを削る機械。(こんなの初めて見たよ)
P1010612_convert_20130601154058.jpg
椅子とテーブルがあるんですが、これ、何のためにあるかというと、「試食」のためであります。びっくりしました。試食って、爪楊枝の先についたちっちゃいかけらみたいなのを食べて「うーんこれならいいな」とか考えるでしょう?普通は。ここの試食はこんなんです
P1010613_convert_20130601154125.jpg
定食を頼んだ訳ではありません。しかし、試食という概念が崩壊する量。


【“豆腐屋再襲撃”の続きを読む】

2013.06.01 | | Comments(2) | Trackback(0) | 頓散歩

«  | HOME |  »

いらっしゃいませ

プロフィール

Artists

Author:Artists
おかまいもしませんで
商品についてのお問い合わせ、ご連絡は
motomachiartists☆yahoo.co.jp
(☆を@に替えてくださいね)
ついったーはじめました。ふぉろーみー
http://twitter.com/alchmistonpuku

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。