スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

憧れのお仕事/つくってみたいもの

あこがれの仕事、なんていうと、もうお前好きなこと好き放題やってるじゃないか!と言われそうですが。

函館の風景だった、函館どつくのゴライアスクレーンがいなくなって、最初はとても寂しかったのですけれど、クレーンがなくなってから、作業がしやすくなったのか、ともえ大橋から見える所で船が建造されて行く所を見ることが出来るようになりました。組み立てられて行く巨大な船を見ているうちに、船が凄く作りたくなったんですよ。しごとごとごとーみているうちーにーはたらくひとーにーなりたくてー(すみません、年代のギャップある歌をつい唄ってしもうた)
9月26日は、そうして造られた船が進水式を迎えたのを見に行きました。(すみません、店、さぼりました)

函館どつくの中を見られるのも嬉しく、思わずこないだ紹介した本「もうダマされないための科学講義」の著者のお一人である片瀬さんもお誘いしました。片瀬さん、関西から来られたので、市電の「函館どつく前」という表現に一瞬身構えておられました(お約束)

しょっぱなからかっこいい建物が!
片瀬さん「あ!工場マーク!」
gizagiza.jpg
ぎざぎざの屋根は光を取り入れるための工夫ですね!しかしこのトタンがいい感じになっちゃってますねえ。
広い構内を、今までに感じたことがないくらいの胸の高鳴りとともに、口は半開きのまま歩いて行くと・・・、でた!うわなにこれちょうでかい!(もう、あまりに凄すぎて思考回路が停止し、ひらがなでしかものを考えられなくなっています)下の白い線が入ってるとこだけで10mあります。
stem.jpg
会場には、進水式を行うための式台が、作りかけの舟底を重ねてつくられていました。報道関係者以外にも、小学校の生徒さんたちや、ここでかつて働いていたのか、お年を重ねた方達もたくさんいました。何処迄も澄んだ秋の空に、出来たばかりの船が船体の赤も鮮やかに鎮座しています。しかしまあ、それにしてもでかい!この船もそうなのですが、函館どつくでは、「スーパーハンディ」という独自の喫水が浅い、操作しやすい船を造っているとのことなんですけど、これでコンパクトって・・・・大きさの感覚がだんだん麻痺してきました。

舳先に付けられてる、シャンパンマグナムボトルがゴミみたいにしかみえません。ちっこいくす玉にみえますが、私が二三人は入るはずです(と、ここで片瀬さんが「頓服さんなら10人は入るんじゃないかしら」←まさかぁ)

働いている人たちも、一時手を休めて見に来ていました。皆晴れがましい顔をしています。そうですよねーこんなかっこいいもんつくってるなんてすごいですよ!

そうこうしているうちに、厳かに式は始まりました。住友金属の社長とご令嬢が除幕のためにいらしてました。しゅ、しゅびとぼきんぞく・・・・財閥の令嬢なんてオラ、う、うまれて初めて見ただよ(遠すぎて2ミリくらいにしか見えないけど)
jomaku.jpg
船の名前がここで初めて紹介されます。「セドナ・オーシャン」という名前です。カワイイ名前。
そしてシャンパンが割られ・・・(この瞬間が撮れてよかった!ありがとうCX1!)
champagne.jpg
くす玉が開いて鳩が飛び出しました!
鳩:くぁwせdrftgyふじこlp(あわてふためいてます)ゴライアスがあった頃には、そこに住んでいるハヤブサに速攻で回収されていたそうです(むしろそれが見たかった)
kusudama.jpg
ぐうう!こういうののスイッチ押す役一度はやってみたい・・・というか船作りたい・・
船は轟音とともに滑り出します。
sinnsui.jpg
と同時に、目の前にいた年配の女性たちが走り出しました。まるで小学生に戻ってしまったかのように。
滑り出す船は思っていたよりずっと速い!飛び出しすぎないよう、すぐにタグボートたちがセドナ・オーシャンをエスコートしています。
sinnsui2.jpg
船を造った人々。なんてかっこいいのでしょう。(撮っていいですか?っていったら照れてしまわれました)
mister.jpg
進水式はあっという間に終わり、晴れがましさの名残を残しつつも、人々はまた仕事に帰ってゆくのでした。その後ろ姿はとてもかっこいい。進水式を終えた船は、これから電気関係や内装を済ませるのだそうです(てことは、進水式の時点では自分で動けないのですね)
mister2.jpg
見に来てよかった・・
crane2.jpg

mirror.jpg

おまけ。道に置いてあるパイロンみたいな扱いをされてしょぼくれる消火栓
potunen.jpg
秋の日差しも温かく、素晴らしい経験が出来ました。(そしてどつくの門を出るまで口開きっぱなしでした)
さいごにひとこと
函館どつくのぉぉぉ技術力はぁあ世界一ィィィィィイ!!!

一度言ってみたかった・・・

スポンサーサイト

2011.09.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 頓散歩

明日は出張教室のため

お店の方はお休みさせて頂きます。
こんなの作りますです
RIMG0458.jpg
冬の日差しを浴びてキラキラするサンキャッチャーに、幸せを呼ぶ馬と雪の結晶。

2011.09.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | おしらせ

なかがみ農園マルシェ

ご来場ありがとうございました。
なかがみさんはとてもセンスが良くて、たたずまいのキレイな人だと思ってます(本人が見てたら「どんな羞恥プレイだよ」と思われてしまいそうですが、本当にそう思ってるので仕方がないんだ、諦めな・・・・)
そんな彼女が丹誠込めた野菜やハーブたちがうちの店先にやってまいりました。並べる前から大人気!
20119242_20110925154041.jpg
すげー、なんかこういうもんが並んでいるだけでふらんすみたいだー(行ったことないけど)

色鮮やかな野菜たち。トマトが甘くて美味しかったと、何度も戻って来て買って下さる方や、歩きながら食べて行ってしまう方も。
90119244.jpg
開店の合図として、シャボン玉を吹き始めた中上さん。シャボン玉は、飾ってあったアスパラの枝にふんわりととまります
20119245_20110925154041.jpg
シャボン玉と戯れる当店の社長(去年の秋にみずから社長に就任すると宣言した四歳児)
20119246.jpg
ワゴンの中の不思議な形をした「ロロン」というカボチャを、パザールバザールの店長92氏が購入。なぜか愛用している帽子をかぶせている。なんか怖い。妙に似合っている所がまた怖い。
「アンパンマン!新しい顔よ!」と、ロロンにすげ替えられる変な妄想をして
92.jpg
帽子をかぶせたロロンを大事そうに抱えて92氏が去るのを見送ったのでした。頭がロロンになってやしないか、今度確認しに行かなくては。(食べに行くための大義名分)
とこんな感じで楽しく過ごせた週末でした。自分用にも沢山買ったので、これからパクチー・ハーブ三昧です。


おまけ。今日とても天気がよかったので、昨日仕事で帰宅が1時すぎたけど、山に行かなくちゃ!こんな日はそうそうないと出かけたのですけども、靴ひもを結ぼうと体をかがめたらコイツと目が合いました。
画像注意 yamamayu.jpg

やっぱり私のことつけてるだろ!このストーカー蛾!


あたし・・・やままゆ・・・いま、あなたの・・うしろよ・・・・



びくびくしながら撮影してるので、こいつがヤママユであるか、クスサンなのかいまいち判別できず

・・・・・マジ御勘弁願います(結局ヤママユで話しをしめるわたしだった)

2011.09.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | イベント

マルシェ的な何か

急に秋の空気に変わりましたね。こないだ、出稼ぎ先で「枯れ葉かとおもったら、ぜーんぶヤママユの死骸でさー」なんて話していたところ、仕事も終わり帰りに車に乗ろうとすると、車の真後ろにヤママユが「私の噂をしていると聞いて・・・」と暗い中佇んでいるので焦りました。うわあやめろ!!お前など呼んでいない!!
今日は郵便物を出そうと、歩いて郵便局にむかっているとき、足元にひらひらと銀杏の葉が・・・とおもったらまたヤママユの羽。わたしもしかして、ヤママユにストーカーされてる?と、足元に落ちた本物の枯れ葉にもビビる今日この頃です。皆さんいかがお過ごしでしょうか。(やなご挨拶でごめんなさい。しかしことしは、大発生の年みたいですね。恐るべし自然の生存戦略!)
kulo.jpg

うちの店にかわいい帽子を納品してくれている中上さんは、農園もやっておられます。
色々なイベント等にも出店、大変好評を博しているのですが
今週24日の土曜に、出張販売してくれることになりました!!!

私は中上農園のハーブが大好きで、バジルペーストを作ったり、タイバジルでガパオご飯なんかをつくっては、
悦に入っています。今回は、私が最も好きなパクチーが来るそうです。(ほとんど自分の楽しみのみではないかと、批判の声も聞えてきそうですが)

プチマルシェ、とかかわいい事言おうとして似合わなさに悶絶したので、ドイツ語でマルクトにしようか、それじゃわかってくれる人居ないよとか懊悩しつつ、とりあえずなんか売ってるので、遊びにいらしてください
店主がドヤ顔して、調理法を語ったりしますよ!(やな宣伝をするな)

2011.09.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | おしらせ

琥珀色の幸福(つかのまの)


今、うちの店に、とても良い珈琲の香りが満ちています。なんでかというと、八幡坂にあったpeacepieceさんという珈琲屋さんが、一月だけ隣りで営業しているからです。建物の老朽化で、母屋は解体されることになったのです。
在りし日の素敵物件。
yamadake.jpg
仕方ないこととはいえ、残念です。

まあその間避難という形で隣りに来て下さったのは、わたしにとってとてもラッキーでした。なんせここ、自家焙煎と、店主様が美味しいと思った珈琲を取り寄せてやっている、珈琲のセレクトショップですから。今日も、いいかおりとともに、しゃらしゃらと不思議な音がするのでふと外に出てみたら、店主様が珈琲のハンドピックをしている所でした。(なぜか妖怪小豆とぎを思い出した)
焙煎済みの豆。きれいですねえ。
cofee_20110919182249.jpg
この写真をこすると珈琲の香りがするように加工してあります。PCの壁紙などにお使いください。


(うそですけど)

つかのまではありますが、店始まって以来の贅沢で芳醇な時間を過ごせて、とても幸せです。うちの店で買い物される方、ぜひお立ち寄りください。逆も大歓迎です。


2011.09.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 頓散歩

ものの考え方って大事ですよね

今日は珍しくブックレビューなんぞ書こうと思いましたよ(と書いた時点で凄い雨が降って来たのでびっくりしました。そんなに珍しいかよ!)

もうダマされないための「科学」講義 (光文社新書)もうダマされないための「科学」講義 (光文社新書)
(2011/09/16)
菊池 誠、松永 和紀 他

商品詳細を見る


震災による原発事故以降、いろいろな不安情報が流れ、どんな対応をしたら良いのか、どの情報が信頼を寄せるべきかなかなかわかり難い状況になっています。情報の取捨選択が、今までよりもずっと必要とされる昨今ですが(あ、文章が硬いな)そんなあなたにお勧めなのがこの一冊!ARTISTSが自信を持ってお届けします!今ならアマゾンドットコムにて798円!(これじゃあテレビショッピングみたいじゃないか。しかもうちの店で売ってるわけじゃないし)

まあとにかく、メディアやネットなどで流れて来る情報をどのように読み取るべきか、ものの考え方について、読みやすい文章でわかりやすく説明されている本です。善意から勧められたものであっても、やっぱりおかしな健康法や怪しい商品にお金を投入したくはないですよね。
寄稿されている菊池誠教授は、随分前から、そういった「あやしい」ものたちに騙されてしまうひとが減るよう、ものの見方についてわかりやすく説明して下さる方です。(おかげでとても助かっています)

科学者などというと、なんだか相当敷居が高いように思われてしまいそうですが、文を寄せられておられる論客のみなさんは、ツイッターなどで、皆さんの質問に答えていて、毎日が「子供電話科学相談」状態です。根気よく説明してくれる真摯な姿勢には頭が下がりっぱなしです。

先生方のやり取りを見ていると、谷川俊太郎の詩に「生きる」という作品があるのですが、そのなかの

そして
かくされた悪を注意深くこばむこと

というくだりをいつも思い出します。「あやしい」ものが最初から悪そうに見えるわけじゃないのです。むしろ、同情や善意のなかに、するりと紛れ込んだあやしいものたちを、どう拒んで行くかが難しいのですよねえ。


科学と言うととかく白黒はっきりさせてるイメージがあるかもしれませんが、むしろ反対で、グレーの階調のなかにあるものなんだ、というのがわかったのも、菊池先生のブログを読んでからでした。だから、きっぱり納得がいく答えなんか出ないのですが、そこで落ち込んでないでどう折り合いを付けるか、ということを考えるのに良い本だと思っています。ぜひご一読ください。
もちろん、これで不安が一発解消!となるわけではないのですが、不安のあまり、変な方向に突っ走って行かないための灯台みたいな本だな、と思うのでした。とても読みやすくまとまっているところもおすすめです。





2011.09.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

湯源郷にいってきたよ

仕事ももちろん楽しんではおりますが、働き倒してそろそろ疲れて来たので、昨日はちょっと店を休んで出かけてまいりました。

本当ならば、島牧町の賀老の滝に行きたかったのです。龍が守ると言う伝説がある賀老の滝は、眺めが大層見事らしいので、憧れているのですけども、一昨年※ドラゴンウォータークエストと称して訪れた時には、遊歩道工事のため入れず、その前の年は天候が悪化してたどりつけませんでした。今回も天候が悪くてだめだったので、もしかして・・・私・・・龍に拒絶されてる・・・・?

気を取り直して、温泉に行くことにしました。函館市内にも素敵な温泉は沢山あるのですが、今回の目的地は森町と八雲町の境目にある濁川温泉です。温泉に行く前に、 八雲町のエルフィンというアイスクリーム屋さんに行きました。

ここのアイス、わたしは道南で一番旨いと思っています。場所も海を見下ろす小高い丘の上で、まるで赤毛のアンのプリンスエドワード島のようです(行ったことないけど)
瞬く間に食べ尽くしてしまったので、アイスの写真はございませんが(いやしくてすみません)、大変結構なお味でした。こう書くと、まるでアイスクリーム大好きっ子みたいですけれども、子供のころはファミリーパックを一人で全部食べるのが夢だったわたしも今やすっかり枯れてしまい、年に数える程度を、ここで食べるのが楽しみだったりします(何せ腸が弱いので)
そんな自分語りはさておき、ここはディスプレイもなかなかお洒落で、牧場のジオラマがレジカウンターの下に飾られていたり、
el1.jpg
テキサス牛だぜヒャッハー!
el7.jpg


冷凍庫の中でジャージーとホルスタインの子牛がドナドナと連れられて行ったり。ホルスタイン「ねえ、ジャージーちゃん、僕たちどこに行くんだろう?」ジャージー「母さんが言ってたけど、素敵な鞄や服や、御馳走が作られるとこにいくんだって!僕らの父さんもそこに行ったってさ」ホルスタイン「すてき!」運転手のおじさん(すまねえ子牛たち、お前ら雄だから売るしかねえだ・・・)

el3.jpg
なんとか冷凍庫の中のアイスの写真を撮ってみたんですが、宣伝が逆効果になりそうな写真で申し訳ない。
el2.jpg
八雲町は、北海道土産の代表とも言える木彫り熊の生誕の地だったりします。八雲に入植した徳川家の方が、冬場の手仕事として、スイスのお土産を参考に作らせたのがきっかけです。これはその流れを汲むかわいい熊ちゃんです。
el5.jpg
その後、「木彫りと熊のことならまかせてよ!」なアイヌの方達により、木彫りの熊は爆発的に北海道土産となったのでございます。
おまけ。なんかじわじわくる造形の木彫りシマエナガ師匠。こっち見んな。
el4.jpg


さてここからは更なる趣味全開ワールドになるので、工場好き及び壊れた私にでも付いて行ける方のみお読みください。


※ドラゴンウォーターとは、この滝のそばで、天然の炭酸水が湧出している場所があり、探偵ナイトスクープ等でも取り上げられたことがある水なのです。ちなみに私が行った時は、湧水が少なすぎて飲むのをあきらめました。つくづく龍に嫌われたものです。


【“湯源郷にいってきたよ”の続きを読む】

2011.09.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 頓散歩

お知らせ

明日12日は臨時休業いたします。

2011.09.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

そしてこれからも

この夏もいろいろ楽しいイベントに参加させて頂きました。ありがとうございます。

八月の素敵なイベント、路地裏マルシェですてきな折り紙作家さんに出会いました。
まりもちゃんです。
origami.jpg
marimochan.jpg
えらいフォトジェニックな小学生だなーっておもっていたら、お母さんが作家さんで、彼女をモデルにしている本が出てましたよ。まりものふくとこもの
成長著しい時期なので、本に出ていた素敵な服はあっという間に着れなくなったとのこと。少し残念ですけど、育つっていいことですねえ。

次の週は夜市でした。写真を整理していたら、隣りのブースのコワンさん(パン屋さん)の写真しか出てこない。どんだけ腹が減ってたんだ、わたし。しかしこの美しきパンたちを見よ!
cowin.jpg
yoruiti.jpg
見た目だけじゃなく、当然美味しかったさ!もちろん買ったともさ!

そんなこんなで夏は過ぎ、函館山には秋の草花が登場しました。
turigane.jpg
ツリガネニンジンといいます。かわいいですよね。真夏には少なかった花も、秋にはまた増えてきます。これからトリカブトの花が濃紫の花をさかせてくれるので、楽しみです。

確実に季節は動いて行きます。自然の前に人間はあまりにも無力だと思った日から今日で半年。あの頃はもう、昔みたいに笑えなくなるんじゃないかと思ったりもしたものです。価値観を強制的に見直さざるを得ないこともありました。あまりのことの大きさに、無力感から何も手に付かないこともありました。でも、こうやって季節をそっと伝えてくれる花々や虫を見ていると、我々に与えられた僅かな時間を疎かにせず、歩みは遅くとも必ず前に進もうと思うのでした。これからも、ずっと。

2011.09.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

いらっしゃいませ

プロフィール

Artists

Author:Artists
おかまいもしませんで
商品についてのお問い合わせ、ご連絡は
motomachiartists☆yahoo.co.jp
(☆を@に替えてくださいね)
ついったーはじめました。ふぉろーみー
http://twitter.com/alchmistonpuku

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。