スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

明日は夏休み親子体験教室です

ARTISTS、週末いっつも閉まってるけど潰れたんじゃないのっていわれそうなくらい、毎週末イベント出店ばかりでごめんなさい。明日は夏休み親子フェルト体験教室のため午後2時くらいからの開店になります。

準備してて、羊毛のうっとうしさに辟易しました。この企画を立てた時期はまだストーブが恋しいような寒い季節で、去年の夏は冷夏でした。ことしもそんなもんじゃないの?と、甘く考えてたんですが、今年は何だか蒸し暑いのです。
やれやれ。とはいえ、本州の暑い地域と比べたら全然楽なので、こんな位で文句をいっていてはいけないな、と思いましたよ。

できるだけさわやかな先生を目指して頑張る所存です。

出張教室用の鞄を新調しました。前に購入したものはもう製造されていないみたいで、見つけることが出来なかったのですが、こんどはなんかグレードアップして牛革の鞄になりました。おもったより容量がすくないんですが、見た目カッコいいからいいや。これでフーテンの寅さんのごとくまたいろいろ出かけようと思います。
443.jpg

スポンサーサイト

2010.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | フェルト

日曜日は猫通りへ

7月25日(日曜日)は、元町猫通り(わたしが愛人と読んでいたところの猫が住んでた小路)あたりでマルシェをやります。なんですかそのアバウトなお誘いは、場所は何処なの!とお叱りを受けそうなので、正確に言うと、二十間坂のFMいるかの建物の脇の小路一帯で、いろいろ売るそうです。わたしは、猫通りを降りたところにある「1107物語」の軒先を借りてシャツなどを売る予定です。今回は新作と、いろいろあってお蔵入りさせちゃったシャツをものすっごい安い値段で売ろうかと思っております。流石にひどい失敗のものは出しませんのでご安心を。

雨天は中止なので、雨が降らないことを願いつつ。店の方はお休みとさせて頂きます。(私は二人もいないので。いてもこまるけど)

2010.07.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | イベント

函館山を目指す女子のみなさんへ

最近森ガールというのが流行ってるようですね。ファッションのみならず、自然を愛でる、というのも入っているようです。山を歩いてても若い女子に遭遇する率が上がってまいりました。それはそれで結構なことと思います

わたしは山を歩く時そのまま店に出られる格好で登ったりしています。ので、すれ違う登山客から比べると相当なめた格好で山登ってることにはなるんですが、しかし最低限の装備はしております。
ところが、すれ違う若い女子のなかには、さらに装備が足りない気味の方を散見するようになりました。

ちょっとそれは危ないような気がするので、森を歩くときはこれくらいあったほうがいいかな、というお話です。

morigirl.jpg

私が普段歩いているのは本当に散歩コースです。しかし、舗装されているわけではありません。時々ぬかるんでいたり、砂利がごろごろしています。ので、最低でもスニーカーがおすすめです。ぺたんこのスリッポンだと、小石が入って痛いんじゃないかとおもいます。足元の靴下も、長い方がおすすめ。ちょっと暑くても素肌の露出は避けた方がいいと思います。半ズボンとかスカートはお奨めできません
なんでかっていうと、ブヨやら蚊が、あなたを狙っているからです。ブヨなんか靴下の上からでも刺してきやがります。私は中学生の時、公園でスケッチしていて刺され、数ヶ月かゆみに悩まされ続けました。刺された跡は穴になってしばらく残りましたお肌の弱い女子は気をつけましょう。蚊、ブヨ、山ダニなんてのもいます。首にもストールならぬ、手ぬぐいかなんかを巻いた方がいいと思います。ダニに刺されるって考えただけでトラウマになりそうな図なんですが、さらにこいつらはライム病という病気を媒介したりするので充分気をつけましょう。

この暑い時期なんで、飲み物も携行した方がいいと思いますが、スポーツドリンクの甘い匂いにスズメバチが寄って来たらこわいので、個人的にはお茶がいいとおもっております。ちなみに、香水の臭いもスズメバチを引き寄せてしまうようなのでつけないでください。まさか山にいないとおもってたんですが、この間残り香で追跡できちゃいそうなくらい香水をつけておられる方がいました。夏から秋にかけては、スズメバチが函館山で一番厄介な生き物です。あんまり刺激しない方がいいと思います。ハチのアレルギーもってる人は下手すると死にます
黒い色に反応しがちなんで、黒いものを着用も避けた方がいいかもしれません。

わたくし、子供のころ(富良野にて)襲われております。私は運良く刺されませんでしたが、一緒にいた母と妹が刺されて病院行きになりました。いや、もう、あの恐怖と来たら。空飛ぶ悪夢って感じです。


マムシもいるのですが、攻撃性においてはスズメバチの比ではありません。刺激しなきゃ大丈夫です。とはいえ、スズメバチもいきなり攻撃するんじゃなくてそれなりにサインは出してます。一匹が偵察にやってきて、カチカチ大顎を鳴らす音が聞こえたらその場をそっと引き返しましょう。それ以上進むと責任は取れません。



ウォーキングのためか、ヘッドフォンつけておられる方たまに見ますが、そういう点でもあんまり私はお奨めしませんね。それでなくても、小鳥のさえずりや風の音などが聞えて来ます。どこかで咲いている花が香しい香りを運んできます。五感をフルに使う楽しみがあるので、なるべく町とは違うところをお楽しみください。

今日も登ってきました。山はコクワの花が満開で甘い香りを放ち、メジロ、ゴジュウカラ、コガラ、ヒガラ、コゲラ、シマエナガ、シジュウカラが混じった群に囲まれて大変幸せでした。シマエナガなんか小さいので、夏場なかなか見つけられなかったんですが、山にだいぶ慣れて来たためか見つけることが出来て幸せです。


おまけ。あまり面白いので勝手にリンクしてしまいました。もし森ガールがゆるゆるファッションで実際に『森』へ入ったら

2010.07.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 頓散歩

わたしのすきなもの

小さい頃、綺麗な石を拾ってはコレクションしてたもんで石コ頓服というあだ名がついていた頓服です>挨拶


いや、石コ頓服ってのは嘘ですけど(宮沢賢治にちなんでみました。石コ賢さんと呼ばれてたのです。東北では接尾語みたいになんでもコがつきます。例;飴→飴コ 犬 犬コ)石が好きなのは今でもです。憧れはオケン石(ふわふわと毛が生えてます)や、貝の火(貝化石がオパール化したもの)です。

子供のころ、鉱物図鑑をプレゼントされ、(なんでまた一体そんなものをくれるんだろう、私の親は)綺麗な結晶に憧れ、近くの川に砂金を掘りに行く馬鹿な子供でした。砂金だと思ってたのは、雲母でした。富良野は火山灰の多い土地で、砂の中には石英が多くはいっており、体育でグラウンドに出ると絶対大きな石英を探していました。(まったくもってバカですね)黒曜石なんかもよく落ちており、コレクションの一つでした。

店を始めてからも天然石ビーズなどを商っておりますが、ええと、近頃のパワーストーンブームには乗り遅れました。なんていうか、取り扱っているわたくしには一向に効果も現れないのでいまいち信じられないんですよねー。
お客様が信じてお使いになられるんならいいですけど、万が一効果がないとおっしゃっても、保証は致しかねます。そのかわり、なんとかの波動とか言って売っている石と同じくらいのクオリティの石を安く提供させて頂いています。

鉱物の結晶がきれい、みてるとなごむ、じゃだめですかね?

前置きが超長くなりましたが、先日大変素敵な水晶の標本を沢山頂きました。頂いてとっても嬉しかったです。くださった方はマクロ撮影プロ級の方で、ブログも素敵です。いつも結晶の写真を眺めてはため息ついてたら頂いてしまいました。嬉しいなあ。

c01.jpg
c02.jpg
c05.jpg
c04.jpg

私のコンデジと、写真の腕ではこの水晶たちの綺麗さがいまいち伝えきれとりませんが、いやもう、うれしいってことが伝わってりゃいいです。

2010.07.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

いらっしゃいませ

プロフィール

Artists

Author:Artists
おかまいもしませんで
商品についてのお問い合わせ、ご連絡は
motomachiartists☆yahoo.co.jp
(☆を@に替えてくださいね)
ついったーはじめました。ふぉろーみー
http://twitter.com/alchmistonpuku

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。