スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

家事は科学だ!

どうもこんにちは。今日は店が休みなので、朝からあのラー油を作っていました。前回のはもうないので、今回はちょっと量を増やしてのリトライです。
前回のラインナップに今回は更に干しえび(中華食材)をプラスして更にコクを出してみました。もう何屋なんだか。ポイントは低温で油に香りを移すってことなんじゃないかと思っています。
こういった油物を作るとき、洗うのに難儀しませんか?そんな時は私はセスキ炭酸ナトリウムを使います。重曹が流行ってますが、重曹よりちょっとだけアルカリ度数が高く、溶けやすくて使うのにいいのです。
油汚れなどは大体すっきり落ちます。(洗剤もつかってはおりますが)
私はものすごい勢いでみかんが好きで、今日もデコポンを食べておりました。あの皮を、調理後のガス台の五徳を洗う時に使ってみました。たらいに熱湯をはって、すこしセスキを入れ、デコポンの皮を入れた後五徳を入れて放置したら、こびりついた汚れが笑っちゃうくらい取れました。さすがオレンジパワー。皆さんもレッツトライ。捨てるもので綺麗になるならためしてみる価値はありますよ。農薬ですか?気にしてません。口に入れるものなんで、体に影響がないくらいしか使っていないですし、洗い流したんで大丈夫。
学校で習うことって、意外と役に立ったりします。高校くらいまでの理科などは、ちゃんと覚えていると大概のものごとのなりたちとかがわかるので、「こんな事勉強して何になるの」とか言わずに、ちゃんと勉強するのもいいもんだな、と思っています。そういうのが、ちまたにあふれてる「科学のふりをしたなにか」にひっかからないための方策になったりします。そして、(そんな風に思ってる人ばかりではないと思いますが)科学って無味乾燥なものじゃなくて、知れば知るほど面白いものだし、いくら追求しても、謎はつきることがないものです。
謎が一つ解ける喜びって、素敵じゃありませんか?(きょうはかっこよく締めてみた)

スポンサーサイト

2010.03.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

接続が悪い

こんな事を書いたら本当に抜けられなくなりそうで書かないでいたのですが、最近仕事の速度が低下しております。
調子がいいときが光回線、ふつうでADSLくらいだったのに、いまはダイヤルアップ接続くらいの速度。どうしましょう。

なんとなく、昔観た魔女の宅急便のなかで主人公キキが飛べなくなって悩む、というのを思い出しています。自分にとっての魔法は物を作ることだったのに、いまはなんだかうまく行ってません。とはいえ、仕事はやらなくちゃいけないんですが。
DSCF3347.jpg
まあ、焦らずゆっくりがんばります(というかお待たせしているお客様には申し訳なく思っております)

2010.03.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

びっくり

冬にお別れを告げたつもりで居たら、まんまとこんなに積もっちゃいました。びっくりです。まだいたの!(ひどい)
DSCF4302.jpg
昨日、おーちゃんこと大平さんがテレビに出てましたが、何処でも誰とでもあのノリっていうのはすごいな!と感心致しました。たまに、人の心のバリアを簡単に乗り越える人が居ますが、おーちゃんのアレは名人芸の域に達しています。どこでも10年来の友人みたいな気分にさせられるのは羨ましい限りです。旅はまだまだ続きますが気をつけていってらっしゃい。

雪は積もってますが、日の光はもう春のそれで、店の中までまばゆい光が届いています。春はもうすぐそこです。

2010.03.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

ちょっとしたおしごと

4月4日から、まちづくりセンター一階にオープンする「Drip Drop」さんから、お客さんの順番待ちのときにお渡しするカードのイラストを頼まれました。
doridoro.jpg
アフリカがお好きとのことなので、アフリカの動物が主になっておりますが、何を描くかということが一番の悩みで、きりんとかしまうまとかならデザイン的にも素敵な生き物だし、皆さんご存知だけど、枚数が増えて来ると何を書いたらいいかどんどん解らなくなるところだけがつらかったです。あんまりマイナーな生き物だとわかんないだろうし、イボイノシシとかハダカデバネズミとかだったら、カードを渡されたお客さまががっかりするかも(ごめん、イボイノシシ、あんたは悪くないんだけどね・・・・)
てなわけで個人的に好きな「オニオオハシ」とか「コウテイペンギン」とかが混ざってしまいました。あと、干支なので寅もはいってます。さらにアフリカの鳥だからってハシビロ候様を2枚も紛れ込ませてしまいました。流行れー!
期間は限定になると思いますが、これらのカードともどもよろしくお願い致します。

ライオンの雌を描いている時に、ふっと「肉食系女子」という言葉を思いついたためになんか化粧っぽく描いてしまったのは内緒だ。

2010.03.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 宣伝

冬にお別れを

おとといの晩は見事な雷雨。東京から、家に来客があったのですが「もっと雪があるかと思っていた」と言われるほどでした。しかし、それを取り戻すかのように昨日は猛吹雪になったので、雪を堪能(それどころじゃないだろう)されたことと思います。無事東京にお帰りになられたので安心しました。でも、飛行機はきっと揺れたろうな・・・・

昨日の雪ももうすっかり溶けて、今朝の冬景色が嘘のよう。でも毎年この時期になるとさみしくなります。白一色の清浄な世界をわたしはかなり好きなので。でも、山では少しずつ植物が勢いを取り戻していることでしょう。

昨日、行きつけの店の常連さんの送別会に行ってきました。大人(ってあたりまえですが)な、素敵な人だったので、居なくなるとさみしくなります。ジャズに詳しくていろいろと教えてくれたりした方でした。転勤になってもお元気で。

この時期だからか、函館を離れる方が多く、見送る立場の私は寂しくなりますが、春には新しいこともたくさんあります。まちづくりセンターの、一階にあるオタジィラさんが卒業になり、新しく「Drip Drop」というお店が入ることになりました。うちの店にも置いているコーヒー豆の焙煎室「handpick」のお店です。美味しい珈琲が飲めるお店がまた一軒増えました。

移り変わりが激しくて、取り残されそうな心細い気分になったりしますが、春の日差しを浴びてどんどんいきましょう。

2010.03.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

古い理科室

理科の実験器具が大好きです。理科室はなんだか薄暗くて、色素が抜けちゃったホルマリン漬けの生物はこわかったけど、フラスコやビーカー、乳鉢、試験管と木でできた試験管たてなんかがすごく魅力的でした。というわけで、店の什器にも保存瓶や、シャーレを使ったりしています。そんな実験器具好きのわたしの前世はきっとホルマリン漬けのサンショウオかなんかでしょう(このあいだは里山の狸だったとかぬかしていたくせに)
理科の実験が大好きでした。水素に火をつけて「ぽん!」と音をさせたり、浸透圧をセロハンで実験したり、ミョウバンの結晶を作ってその形のきれいさに感動したり。
でも、いつしか(高校あたりから)数学がどうも苦手になり、文系の学校に行ってしまったため、こういった実験器具ともふれあえなくなってしまいました。その反動じゃありませんが、今はアンティークショップなんかでこういうものをみかけるとつい手に取ってしまいます。今日、佐渡島の友人から、こんな荷物が届きました。
furasuko.jpg

廃校になった小学校からもらったそうです。かわいいですよね。中にボタンが入っているところが何とも。おもわずにやけてしまいました。
子どもの理科離れというのを時々聞きますが、理科の実験て本当にわくわくできる面白い物ばかりだったように思います。基礎的な科学ってじつはけっこう生活の役に立つこともあるので、もっと皆さん関心を持ってくれたらいいな、と思います。

2010.03.19 | | Comments(1) | Trackback(0) | 未分類

辛そうで辛くないとおもいきやえげつないほど辛いラー油

辛いものが大好きです。以前タイに行ったとき、辛いものが美味しすぎて3度3度食べておなかを壊したほど好きです。(一瞬食中毒の洗礼かと思って焦った)うちには辛い系調味料がたくさんあります。柚胡椒、沖縄のコーレーグース、コチュジャンに豆板醤、かんずりなど。
最近、「辛そうで辛くないラー油」と言うのが流行っていますね。流行る前から、美味しいラー油をつくろうというネットの記事があって、大分前から気になってたんですけど、最近作り始めましたよ。

今回は、このレシピを参考に、フライドオニオンや蝦味噌(中華食材)を足してみました。
フライドオニオンを作ります。タマネギをスライスして、ちょっと電子レンジで水分を軽く飛ばし、小麦粉をまぶしてきつね色になるまで揚げます。ニンニク、唐辛子をみじん切りにしておきます。 太白ごま油を50ccフライパンであたため、生姜とニンニクを1かけ入れます。ほんとは葱の青いとこも入れたかったんですがないからあきらめました。
こんがりしてきたところで、生姜とニンニクを取り出し、みじんに切っていた材料を入れて弱火にかけます。普通のごま油を更に足し、刻んだ松の実と、すりごま、ついでに五香粉とか、ターメリック、一味を足しました。この一味がくせもので、京都で売っている日本一辛い黄金唐辛子だったために、あとで大変な事に。ゆっくり弱火で炒めながら、上げ際に豆板醤と蝦味噌、黒砂糖を小さじ1ずつ追加しました。
それをフライドオニオンとあわせ、更に醤油を足します。2、3日寝かすと味がなじんでおいしいです。
と、味見をした所、黄金一味がかなり効いててむせました。しかし、辛いものを食べるとなんだかエンドルフィンでもでるんでしょうか、なんか妙に幸せな気分に。
近日来客があるのでその時にと思ってたんですが、これはやばいかも・・・お客さんが食べられないかも・・と思いながら瓶に詰めました。
39450652_2654990716.jpg
写真が黄色っぽいのは、うっかりターメリックを入れすぎたためです。
帰って来た母に味見をしてもらうと大絶賛だったので一瞬よかったと思いかけましたが、うちの母、私以上に辛い物好きで、辛さのリミッターが切れてる人なのでちょっと不安です。

しかし、このラー油をパスタに絡めるとすごいおいしいペペロンチーノになります。蒸し鶏にかけてポン酢とあわせてもおいしいし、キャベツをちぎったのにかけてもおいしい。良かったら皆さんもお試しあれ。しかしくれぐれも唐辛子の入れ過ぎには注意ですが。

2010.03.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | つくってみた

ねむりの森

快食快眠快便を誇る(単純な人間である事をカミングアウト)わたしですが、たまーに仕事の事とかで眠られぬ夜もあったりします。でもそんなときに、リラックスする方法というかおまじないみたいなものがあります。
横になって、肩幅くらいに足を開き、手もなんとなく開いた、だらしない大の字になって目を閉じ、自分が山の中の枯れ葉に埋もれてゆっくりと朽ちてゆく想像をするのです。見上げた空には美しいブナの大木がそびえ、ブナからは金色の葉がわたしに降り積もり、秋の森の香しい香りに包まれながらわたしのからだはゆっくりと土に帰って行きます。遠くでクマゲラがドラミングしている音が、ころころころころ・・・・・と聞こえてきます。自分から、ギンリョウソウが育って行くのを想像したあたりで大体眠りにおちていきます。
ギンリョウソウ、実は秋に生えるのとはまた別なんですけど、まあ想像なんで許してください。キノコでもいいです。ブナの森は、黒松内町にあり、たまに遊びに行くのですが、あまりに美しくていつも泣きたくなります。虫もいるし足下はドロドロだったりしますが、あの場所の森の底にいくと、大概の嫌な事は忘れてしまうくらいです。
ただ、こういうのは個人差がありますので、嫌な事忘れたくて黒松内に行ったけどつまらなかった、ということになりませんよう。
私は元々、富良野の山で遊んでいたので、ああいう綺麗な森にいくととても懐かしい気持ちになるのです。みなさんも、心を解放できる場所をみつけて、眠られぬ程体が固まっている時に、こっそり逃避してみてください。
というわけで、おやすみなさい。(珍しく家から更新してます)寝られないんだ(爆)

2010.03.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

名前

そろそろ山では鳥たちが連れ合いをもとめて唄い出す頃です。その準備のために野鳥の声のCDをかけながら車を運転している頓服ですこんにちは。いえ、べつに鳥に連れ合いを求めているわけじゃないんですけれども(←誰もそんな事は訊いていない)

時々山に行かないと、心が萎れてしまう人たちが居ます。ご多分に漏れず自分もそうなので、前世があるならばわたしは里山の狸あたりだと思いますが、そんな山成分がないと乾涸びる友人の一人が今日誕生日を迎えるので、友人がいちばん好きだと言っていたコムクドリの栞を革でつくってみました。これはオスですが、オスはほっぺが赤くてかわいいのです。
komuku.jpg
komu.jpg

去年、すごく素敵な鳥のかたちの金属の栞を頂きました。これをあげる友人とはまた別な方から頂いたのですが、それがすごくうれしかったので、革でつくってみたというわけです。うれしかったきもちを別な人に順にバトンタッチしていけば世界はほんのすこし良い方にいくかもしれません。

山が好き、というのにはいろいろと理由があるのですけど、山には私がまだ名前を知らないいろいろなものがあるのです。ぼんやりした例えでアレなんですが、たとえば、そこにきれいに咲いている花があったとします。それにはただの花じゃなくて「フクジュソウ」などと名前があるわけですよね?どんな小さな花にも、ちっぽけな虫にも名前がちゃんとある、ということに気がついた時、自分を取り巻いているものすべての名前を知りたくなったんです。山には町にない植物や生き物で溢れていますからね。
なんていうか、ヘレン・ケラーが、言葉の意味を知った時の喜びに近いんじゃないかと思います。
今は亡き昭和天皇が、「雑草という草はない」とおっしゃった気持がわたしもよくわかります。全ての名前を知ることはできないかもしれないけど、名前を知ることで、見ているもの触れているもの、きこえてくる音にも敬意をもって接することができるようにしたい。(ときどき茶々やつっこみもいれたい)
というわけで、野鳥の声をききわけられるように、CDをかけているわけです。

毎年、少しずつ世界を広げながら、山を登っています。今年はどんな発見があるでしょう。今から楽しみです。

2010.03.15 | | Comments(4) | Trackback(0) | つくってみた

今日と明日

今日はピースピースにてハモンドオルガンライブのお手伝いのため、五時閉店とさせて頂きます。
明日も、3時から2時間程度不在になります。

お越しいただいたお客様にはご迷惑をおかけする事になります、すみません。

2010.03.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

どてらいひと

私の周りには(自慢じゃありませんよ)なんだかすごい人がたくさんおります。
今日はそんな一人、おーちゃんこと写真家の大平啓朗さんを紹介します。
ochan.jpg
写真の真ん中で白杖をもっているのがおーちゃんです。なぜ海中で杖かというと、視覚障害者だからなのです。

6年前事故により光を失うという悲劇に見舞われたものの、函館の視力障害センターで鍼灸などの資格を取りながら、持ち前の行動力で一人旅を続けたりしながら、出会った人やその場の空気を写真に収めるという事をしてきました。

今回のこのカレンダー、沖縄でスキューバダイビングしつつ撮影した物が入っています。本人曰く相当大変だったそうで、(そりゃそうだ)まさに体張って仕事しております。パラグライダーをやったり(あんたはガチャピンか、とつっこんでしまいました)パリなどを撮影した物もあり、その行動力には頭が下がるばかり。なんでそこまでやるかというと、障害とはなにか、真のバリアフリーとは何かを考えるために彼は行動しているのです。

彼と話していると、いろいろなところを臆さず旅したり話したりできるという強さとか、感じた事を伝えるのが上手だなあ、と感心します。光を失ってもなお、世界の豊穣さを受け取れるアンテナを持ち続けるのはすごい事だと思いました。それにつけても行動力。

ちょっとぼんやりしてるとか金がないとかそういう不具合はあれど、これといってとくに障害を持たない自分がいかに
「できない」の枠で自分を縛っているかという事を思い知りました。

ちなみにこのカレンダー、ネハナにて絶賛発売中です。
あと、三月最終週のNHK教育テレビ「きらっと生きる」に出演予定だそうで。

2010.03.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 宣伝

津波

今回の津波、人的被害がなくて何よりでした。気象庁に文句をつけている人がいたみたいですが、本当に来てしまったときの事を考えたら、どれほど用心しても足りません。
高校生の頃、南西沖地震があって、奥尻出身の同期の生徒の実家にも被害が出ていました。まさにあっという間で逃げる事も出来ず、家族も家も失った人が居ました。割と親しくしていた子も、おばあさんが行方不明になってしまいました。

昨日の元町は(私の店は高台にあるので、店が水没するような事があったらもう函館は全滅です)比較的お客さんも多かったのですが、下のベイエリアは安全を考慮して臨時休業になったところもおおかったようです。その損害を考えると気の毒ですが、もしもほんとうに2mもの津波がきたら、まず助からないと思います。だから何もなくて本当に良かったですよ。



2010.03.01 | | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

いらっしゃいませ

プロフィール

Artists

Author:Artists
おかまいもしませんで
商品についてのお問い合わせ、ご連絡は
motomachiartists☆yahoo.co.jp
(☆を@に替えてくださいね)
ついったーはじめました。ふぉろーみー
http://twitter.com/alchmistonpuku

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。