スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

珍しい気象光学現象に大興奮

人間に対してあんまり興味がないかわりに、動物やら自然やら、実は廃墟とか工場とかも好きな頓服ですが、今日はびっくりするような現象が。
店に出て来て、シャッターを開けようと上を見上げたら上空に幻日がでていました。これ自体は年に3回くらい見るのです(って私だけが見えてるんじゃないよ、そういうもんじゃないんですよ)
gen1.jpg

晴天の太陽の周りを虹の環が取り巻いています。その端っこが強く輝いて、太陽が増えたみたいに見える現象です。上空に氷の粒が綺麗に並んだ時に上手く反射して見えるらしい。ところが今日は、もうひとつ白い環が虹の環に交差して、空に大きなクロスを描いていました。こ、こんなの初めて!

gen2.jpg
口を開けっ放しで空に向かってシャッターを切るわたしは、完全に「春だものねえ・・沸いちゃったのねえ・・」という風情でしたが、いいのです、こんな素晴らしい物が見られたんだから。
あまりに珍しいので、興奮して函館海洋気象台に問い合わせたところ、幻日環という現象だそうです。というか、問い合わせが殺到してたみたいで、うしろで「まただ・・・・」と呟く職員の方の声が聞こえました。職員の方も初めて見るのだそうで、「今だったらネットの方が詳しく出てますから・・(ググレカス)」とおっしゃってました。(括弧内は私が勝手に想像した心の声です。ごめんなさい職員の方。ご丁寧に教えてくださったのに)

というわけでグーグル先生に聞いたところウィキ辞典でみつけたのに似た写真が載っていました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/幻日環(すみません、リンクが上手く貼れませんでした)
それにしてもこんなに綺麗な写真が撮れてすごいうれしいです。皆さんも首のストレッチがてら、たまには空を見上げるのもいいかもしれませんよ(足元には十分ご注意ください)

スポンサーサイト

2009.03.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

しやわせ

昨日お客様からルピシアのお茶を頂いてしまいました。ルピシア、大好きなんですが函館では手に入らないので、頂いたときは小躍りせんばかりでした。ありがとうございます。この場を借りてお礼を言わせてください。

woolong.jpg

そしてその後、友人からコンラート・ローレンツの「ハイイロガンの四季」という本を借りてしまい、気もそぞろです。(仕事しろよ)ローレンツ卿は鴨の「刷り込み」を発見した人で、動物の言葉が判る「ソロモンの指輪」を持っていたんじゃないかと言われる人です。
仕事の合間に、美味しいお茶を頂きながら、ゆっくりページをめくる(ってそんな暇あんたにあったか?)こんな幸せってなかなかないです。ああうれしい。仕事の原動力になります。
大事に飲みます。ありがとうございました。

ちなみに、写っている茶器は売り物です(笑)

2009.03.27 | | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

かわいすぎて仕事にならない

アホーズのバッグがまた入荷です。いろいろありすぎて紹介しきれないので見にいらしてください。かわいすぎて仕事になりません。
aho3015.jpg

それにしても、WBC、優勝しちゃいましたね。何だか韓国とばかり対戦してたような気がするんですが、本当に世界一なんですか?アジアで一番とかじゃないんですか?

イチロー選手が、ちょっとばかり不振だった頃、テレビを見ていた父が、「イチローはチームプレイに向いていないのではないか」などと発言していましたが、野球って一人じゃ出来ませんよね。期待されるって言うのも大変ですね、と、全く関係ないけどイチロー選手に同情しました。

2009.03.24 | | Comments(2) | Trackback(0) | 新商品情報

吟づくり

八王子に住んでいた小さい頃、お使い物に良く頂いた「桔梗信玄餅」というお菓子があります。きな粉のたっぷりかかったお餅に、黒蜜を絡めて食べるのですが、たまに失敗してきな粉が気管に入ってむせて死にそうになったりしますが、懲りもせず今でも大好きです。紫の地に、信玄菱がついた信玄袋に入ったお菓子は、もらうとわくわくしたものでした。
北海道に来ると流石にあまり食べる機会がなくなってしまいましたが、たまに物産展で見かけると度欲しくなります。ところで、その愛する信玄餅に特別バージョンが出たそうで、この間のホワイトデーに頂いてしまいました(嬉!)
gin.jpg
いつもとパッケージさえちがうその中身は、丹波黒大豆から作られたきな粉をまぶした柔らかなお餅、黒蜜には山梨県で取れたアカシア蜜が加えられ、ふだんのものより大分高級感があふれています。餅を食べるときの楊枝すら、普段の木のやつじゃなくて黒文字仕様。

自分にはもったいないほどのお菓子に、しばしうっとりしてしまいました。ああ、おいしかった・・・・

ところで、なぜ山梨の信玄餅が、八王子で良く見かけたのかは未だに謎です。

2009.03.19 | | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

先端工具を付け替えて

先日アップした作品のシルバーなどを磨くとき、ハンドリューターという、電動の工具を使っています。たくさんの先端工具がセットで入っているのですが、そのセットの中には研磨には必要ない工業用ダイヤモンドがついた物がたくさん入っていました。それを使うといろんな物に彫刻できるのです。これはぜひともやってみなくちゃということで、ガラス職人すがちゃんにグラスを作ってもらい、そこに鳥を彫ってみました。
komuku1.jpg
komuku2.jpg

画像がぶれぶれなのが申し訳ない。ガラスは撮るのが難しいです・・・・・

このグラスは友人の誕生日プレゼントになりました。時々山に一緒に登る、アウトドア系引きこもり仲間です。(引きこもりって一人でやるもんですよねほんとうは)

すごい面白かったので、調子に乗ってまたやりたいと思っています。ガラス職人とコラボレーションだ!
函館山の鳥を彫りたいな~
(よけいなものを彫りつけたら逆に売れなくなったりして)

2009.03.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

久しぶりに

本当はシルバーアクセサリーを作るはずだったのに、いつの間にやら色々なことに手を出しすぎてなんだか訳が分からなくなっている今日この頃。古くからのお客様に、「最近シルバー作ってる?」と尋ねられるたびに返答を濁していた情けない自分でしたが、久々の依頼によりやっとシルバーの作品を作りました。
bear7.jpg
熊の爪をペンダントにしています。写真では大きさの見当がつかないかもしれませんが、7,8センチはあります。こんな爪を持った奴とガチで出会ったら即心臓発作などを起こして死ぬ自信がありますね。
bear1.jpg
もう一つは、工房ウィンヤーンさんの物。流れる風をイメージしたデザインです。
私のは後ろから横にかけてこっそり牡丹の花を咲かせています。
bear5.jpg
よくあるインディアンジュエリーみたいなのじゃなく、どちらかといえば江戸時代の根付や印籠などの細工のような物を目指しています。
江戸時代末期に、懐玉齊という根付職人がおり、ものすごく素晴らしい作品を作っていました。私もいつかそんな作品がつくれたらいいな、と思っています。

2009.03.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | シルバー

きらきら

昨日の猛吹雪が晴れ、今日は青空が綺麗です。
ガラス職人のすがちゃんから、新しい作品が届きました。あんまりかわいいので、店の中より外の方が綺麗に撮影できるかな、と思い、郵便局に行くついでに撮影に。
このしずくちゃんたちかわいすぎます。
dolop.jpg

びっくりして顔でっかくなっちゃった
dolop2.jpg
(裏からみるとこうなります)

ただのオブジェじゃないんですよ、指輪スタンドです。

あと、オパールグラスという、大正時代から昭和初期にかけて流行った、乳白色で光に透かすとオレンジ色に見えるガラスを使った器。これまたかわいい。花を生けてもよさそうですね。
opal.jpg

撮影場所を求めてうろうろしていたわりに、なかなかいい写真になりませんでした。ただの怪しい人になってしまっていたのが悲しいです。

2009.03.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 新商品情報

ストーブ話と春バッグ

昨年11月末からうちの店でも販売を始めたスロウの18号が入荷しました。ストーブのお話や、スノーシューを履いて雪山を歩く話など、冬を楽しむ話題で満載です。

slow18.jpg

お金があったら薪ストーブで山に引きこもりの生活がしたいですが、なかなかそうも行きませんねー。

そしてアホーズさんから新入荷。春を呼ぶリネンバッグです。
gyouzabag.jpg
クローバーの柄がかわいいポーチもありますよ。
季節はまだまだ行ったり来たり。暖かくなったかと思えば、昨日のように荒れる雪の日もあります。
ストーブに当たりながら、春を待ちわびる日はまだ続きますね。珈琲を飲みながら読むにはいい雑誌だと思うので、良かったら購入してみてくださいな。

2009.03.08 | | Comments(3) | Trackback(0) | 新商品情報

ある日の朝食

breakfast.jpg

散歩とかいいつつ、店の近くじゃなくて自宅近くの話になりますが。
昨年「よつ葉のレシピ」というパン屋さんが至近距離に出来ました。そこのパンがおいしかったので、いつか紹介してみようと思っていましたが、大概写真を撮る前に食べてしまうので、(マテが出来ない犬みたいですね!いやしいですね!)なかなか載せられずにいました。ひどいときには家に着く前に我慢が出来ず一口齧った事もあります。ああ、恥ずかしい。
他のブログでも紹介されていますが、私は食べ物の写真がおいしそうに撮れないのと、紹介下手なのも二の足を踏んだ理由の一つです。
ここのパンはリーンな生地(えーと、オタクな書き方ですみません、バターとか卵とかあんまり使ってない奴がリーンで、バターなどをたっぷり使ったものはリッチな生地といいます)の物がすごく好みでした。麦の香りが強くする、ぱりぱりの皮のとこがすごくおいしい。実はパンの耳至上主義でして、一斤全部耳だったらいいのにと無茶を言う事すらあります。というとやたらニッチな趣味みたいですが、ここの「リッチな」生地のパンもよく売れています。菓子パン、食事パンも気の効いた物が多くて、サンドイッチに至っては「やりすぎ!だがそれがいい!」と叫びたくなるほどボリュームたっぷりです。

おいしいパンを作る職人さんをよく、「イースト菌に脳を冒されている」と私は例えるのですが、この人もそうだと思います。働いている人たちも清潔感に溢れた素敵な女性で、パン屋さんに似つかわしいとはこういうことだな、と思いました。この間買いに行ったときは、「幻のクルミ食パンラスク」とかいうのが売っていたため、「幻って言われたら買わずにいられないじゃないですか」と理不尽なキレかたをしてしまいました。店員さん、ごめんなさい。ラスクおいしいです。
(今日の写真はちょっと演出かけてます。ふだんはもっと変な食べ方をしていますがそれは内緒。)山田牧場の手作りミルクジャムとフランスパンがとても相性が良かったです。(オシャレな女性の振りをしています)
ママレードみたいなのは、自作の柚子茶です。ヨーグルトと一緒に食べました。食後にうちの店で取り扱ってるhandpickのフレンチを頂きました。ああうめえ。函館は何がいいってうまいパン屋がたくさんあることです。というわけでパン好きの方も是非函館にいらしてみてください。

あ、よつ葉のレシピについてですが
電話番号 0138‐83‐7474
函館市本通1丁目42‐22
本通小学校の真向かいですよ。

2009.03.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 頓散歩

営業部長の本領発揮

先日、JR東日本の方が店においでになり、函館観光パックの紹介パンフレットに、うちの店が掲載してもらえることになりました。完成したパンフレットが店に届きました。
hut.jpg
取材された方がイラストを描く方で、行ったお店や観光名所がかわいいイラストになっています。のんべんだらりとくらしていると気がつかない、素敵な場所がたくさん紹介されていました。オラ、なんだか函館に行ってみたくなったぞ!
ちなみに、Hutとは、ドイツ語で帽子という意味だそうで。
で、びっくりしたんですが、名所を紹介してくれるのは、旅人ふうこちゃんと、観光案内する函館人のハッコちゃん、そしてなんと・・・・・・・
hut1.jpg
!!!!!営業部長ーーーーーなにやってんですかそこでー!!!!!
営業部長が、函館の魅力を余すところなく紹介していました。
いくら丼のイクラを食べ、(無理しないでー)グラススタジオでガラスを吹き、そしてうちの
ネコリョーシカに秋波を送り(部長、その人猫です!体張りすぎ!喰われます!)
さすがは函館の営業部長!あっぱれです。でも、ほお袋に何かを入れっぱなしなんですけどどうしてですか?

部長「カンペです」
そうですか、たいへんですね。(ぞんざいな返事)
こんな素敵なパンフレットを作った方に感謝。
Hut
こちらでサイトもご覧になれます。仙台にお住まいの方で函館に来てみようかな?っていうひとは、こちらも見てあげてください。格安プランがありますよ。
飛行機の旅も好きですが、たまには列車で、車窓から流れる景色を眺めつつ、車内販売のおねいさんからつまみやビールを買い、(そこが一番の楽しみ)のんびりゆったり旅をするのもいいですよね。

2009.03.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

お袋さんよ~

去年rocaで見つけてからはまりすぎて怖い、マスキングテープです。うちの店で買い物をするともれなくこういう袋に入れられます。
mt.jpg
明らかに買い過ぎ。でもやめられない止まらない。はんこも、頂き物のハシビロコウはんこを押したりしています。お客さんが喜んでくれたらうれしいのですが、まあ大体自己満足。

2009.03.03 | | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

雪渡り

今日は天気がいいので、また山に登って来ました。最近昼に温度が上がって雪が解け、夜それが凍るということを繰り返していたため、そこかしこがスケートリンクみたいなのであんまり歩きたくなかったのですが、昨晩雪が降ったから、少しは歩きやすくなっているといいな、と思いながら山に入りました。やはり、山の下の方はかなり凍っています。降った雪も思ったより少なくて滑り止めにはなってくれません。むしろ、ツルッツルの部分を隠すトラップみたいになっています。おっかなびっくり山を登り始めたら、ウソが鳴いていました。嘘じゃないですよ、ウソという鳥がいるのです。ずんぐりしていて、灰色の地に赤い胸が、彩りの少ない雪山にとても映えています。といいつつ、わたしのコンデジじゃうまく撮れませんが。


【“雪渡り”の続きを読む】

2009.03.02 | | Comments(2) | Trackback(0) | 頓散歩

«  | HOME |  »

いらっしゃいませ

プロフィール

Artists

Author:Artists
おかまいもしませんで
商品についてのお問い合わせ、ご連絡は
motomachiartists☆yahoo.co.jp
(☆を@に替えてくださいね)
ついったーはじめました。ふぉろーみー
http://twitter.com/alchmistonpuku

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。